電気自動車(EV)充電器工事の注意点

充電器の設置位置検討の際の優先事項

充電器の設置位置の検討においては、乗車している人の乗降性、充電時ケーブル取り回しと距離、車両動線上の安全等、トータルでの判断が必要となります。
充電器は一度設置すると、容易には動かせない為に、良くご検討される事をお勧め致します。
 
こちらで各車両の充電口位置を紹介しています。
電気自動車(EV)充電口の位置比較
 

日産 サクラ のケース

車両によっては、充電ケーブルの長さや仕様で、メーカーオプション(車両注文時にしか注文出来ない)とディ―ラーオプション(いつでも注文可)と違いがあり、購入時には注意が必要です。

メーカーオプション ディーラーオプション
充電ケーブル(コントロールボックス付)
200V 15m用/200V 3m用/100V 7.5m用
充電ケーブル(コントロールボックス付)
200V 7.5m用
(写真は日産 サクラ 車両は3kW(2.9kW)充電対応)

殆どのケーブル付6kW充電器はケーブル長が約5mとなっており、一部ケーブル長7m以上の充電器も発売された様ですが、高価な価格設定でもあり、本サイト内に各車両充電口一覧を掲載しておりますので参考にして頂ければ幸いです。
車両側充電能力と充電器能力を合わせるか、ご予算があれば、将来を見据えて6kWとする判断も有りです。

 

商業施設のケース

車両動線が考慮されていない課金設備位置(手が届かない)となっている施設があるのと同様に、一部の施設で折角の充電設備が残念な場所へ設置されているケースがあります。駐車場内混雑を避ける意味からも、事故リスクを減らす事からも、施設の設計者様には十分に検討をして頂きたい部分です。

・立体駐車場の階上へ上がった直後付近の充電スペース
・車両動線的に曲がった直後付近の充電スペース
・充電車両により、そもそも施設の充電ケーブルが届かない為、充電する為には、隣の駐車スペースへの一部侵入か、車両ボディへのケーブル接触が必要となる。(後付け設置が多い充電器の状況で、これは中々困難な部分かも知れません)

 

お問い合わせ

error: Content is protected !!
page